防災のことを考えよう!~ママのオンラインサロン@チルドリン~

こんにちは!米粉のグルテンフリー教室「Orange Spoon」の
駿河かおりです。

今回ご紹介するのは、
私も運営スタッフとして関わらせていただいている、
NPO法人チルドリン~小さく、自由に、凛と~』主催
ママのオンラインサロン。

第3回目のテーマは、『防災のことを考えよう!』でした。
毎回、堅苦しくなく、普通のお母さんたちの会話の中から、
宝のような知恵と知識が出てきます。

6月26日ママのオンラインサロン
『防災のことを考えよう!』

特に今回は、「備蓄している食料品」にスポットを当ててみました。
一般にだいぶ浸透してきたものを、
しっかりと用意されているのはもちろんのこと、
出るは、出るは、思いがけない発見!

ほんの一例ですが・・・

・ようかん:日持ち5年というものもある。そのまま食べても滋養高いおやつだが、お湯で溶かしてぜんざいのようにも。

・フルーツ缶:有事の時に、果物を食べるとほっとする

・干し大根や干し芋:日持ちよく、噛めば噛むほどおいしい

・粉類、野菜パウダー:栄養の偏りも心配だから、いろんなアレンジで使える
etc….

その他、なるほど!と思ったのは、

・あえて持ち出し袋には食料品は入れない:家族人数分持ち出すのは非現実的。備蓄食品は家で食べる

・生理用品は圧縮すれば場所を取らない

・できるだけ母乳を続ける:粉ミルクがなくてもいつでもどこでも母自ら作れる、最大の栄養

・ペット用のシートなど転用を考えて多めにストックしている

・備蓄に使えそうなものを安売りの時に買っておく
etc…

こうやってどんどん出てくる知恵を、みんなで共有し、
周りのお母さんたちお父さんたちに伝えたい、
そういう思いを、参加してくださったみんなが感じたと思います。

そして、最後の10分ほどをいただいて、
私が担当したのが、

「防災蒸しパン!!」

なぜこんなネーミングかというと、
例えば避難所など、有事の時には
道具がそろわないときにでも作れるように、
レシピを工夫したものだから。

「いつもと同じ味を、温かいものを食べさせてあげたい」

そんな気持ちから生まれた、
大切なレシピです。

材料以外に用意するものは、

  • ペットボトル
  • 紙コップ

これだけ。

これらなら、きっと避難所にもある!

全行程付きレシピはこちらで公開しております。
有事の時だけでなく、ふだんのおやつの時に、
ぜひ作ってみてくださいね。
不安になってしまった時にも、
「あ、いつもの味!」と思っていただけたら幸いです。

『防災蒸しパンⒸ』については、
子育て情報サイト「ともえ」にも掲載していただきました。
記事はこちら

次回の「ママのオンラインサロン」

7月27日10:30~11:30で予定しております。
テーマは同じく防災ですが、今度は食料だけではない、
「持ち出しリュック」。
その他日頃から気にしていること、
考えていることなどをシェアしていければ、
と思います。

詳細や申し込み方法は、Facebook
NPO法人チルドリン」でもご案内していきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

Follow me!